会社案内

私たちは環境と調和した豊かな環境型社会をめざし、
企業活動を通じて地球環境に貢献します。
私たちは環境と調和した豊かな環境型社会をめざし、企業活動を通じて地球環境に貢献します。

COMMUNICATION

個人の智恵と能力を原点に、お客様の視点で考え、創意工夫
個人の智恵と能力を原点に、
お客様の視点で考え、創意工夫
包装の最終形を考えてモノづくりを提案

社会環境の変化は幅広いユーザーニーズをもたらし、企業はそれに応えようと、新たな表現を求め続けます。
軟包装の分野も暮らしと密接に関わりあっているからこそ、その時々で新たなグラビア印刷のカタチを求められてきました。
表現力はもちろんのこと、素材や印刷手法まで、あらゆるバリエーションを生み出すことが必要とされてきたのです。

カスタムグラビアが商品とする製版技術は、エンドユーザーへ正確な情報表示や美しいパッケージデザインとして届ける役割を担っています。お客様と接する営業担当は、常に最終の包装が身近な暮らしの中にあることを考えてシリンダーづくりの提案を行っています。

高品質の製版を実現することはもちろん、お客様の課題解決も視野に入れながら、常にお客様の視点でモノづくりを考えています。

各人の創意工夫が、豊かな未来を拓く

お客様の課題解決に基づくモノづくりの姿勢は、実際のシリンダーづくりを行う製版の現場でも同様です。
これまでも、お客様と同じ視点で考えることで、新たな技術や独自の手法を生み出し、顧客満足を高めてきました。
そのひとつがNC旋盤によるシリンダー加工であり、レーザー製版に新しい領域を生み出したCGスクリーンです。

これらの独自技術は、これまでのグラビア印刷の問題点を大幅に改善し、業界でも広く活用され、業界全体のレベルアップに大きく貢献しています。
問題の解決には創意工夫が大切です。

ひとりひとりが智恵を使い、発信していくことが、豊かな未来を拓くのです。
こうして個人の持つ能力や才能を大切にしていくことが、お客様の満足度につながり、グラビア印刷業界の未来へもつながると信じています。

包装の最終形を考えてモノづくりを提案

社会環境の変化は幅広いユーザーニーズをもたらし、企業はそれに応えようと、新たな表現を求め続けます。
軟包装の分野も暮らしと密接に関わりあっているからこそ、その時々で新たなグラビア印刷のカタチを求められてきました。
表現力はもちろんのこと、素材や印刷手法まで、あらゆるバリエーションを生み出すことが必要とされてきたのです。

カスタムグラビアが商品とする製版技術は、直接エンドユーザーへ届くものではありませんが、お客様と接する営業担当は、常に最終の包装が身近な暮らしの中にあることを考えてシリンダーづくりの提案を行っています。

高品質の製版を実現することはもちろん、お客様の課題解決も視野に入れながら、常にお客様の視点でモノづくりを考えています。

各人の創意工夫が、豊かな未来を拓く

お客様の課題解決に基づくモノづくりの姿勢は、実際のシリンダーづくりを行う製版の現場でも同様です。
これまでも、お客様と同じ視点で考えることで、新たな技術や独自の手法を生み出し、顧客満足を高めてきました。
そのひとつがNC旋盤によるシリンダー加工であり、レーザー製版に新しい領域を生み出したCGスクリーンです。

これらの独自技術は、これまでのグラビア印刷の問題点を大幅に改善し、業界でも広く活用され、業界全体のレベルアップに大きく貢献しています。
問題の解決には創意工夫が大切です。

ひとりひとりが智恵を使い、発信していくことが、豊かな未来を拓くのです。
こうして個人の持つ能力や才能を大切にしていくことが、お客様の満足度につながり、グラビア印刷業界の未来へもつながると信じています。

PRINTING SYSTEM

印刷を再現する技術とシステムで、表現のきめ細かなニーズに対応
印刷を再現する技術とシステムで、
表現のきめ細かなニーズに対応
プリプレスで印刷の仕上がりを忠実に再現

軟包装が表現する「商品の顔」はさまざまです。
いちばん身近なのが食料品。お菓子、ラーメン、冷凍食品、産地直送の野菜、肉類の加工品、パンなど、ほとんどの食料品がソフトパッケージで包まれています。
また、肌着や園芸肥料、ペットフード、薬袋、化粧品などにも数多く利用されています。
包まれる商品それぞれによって、グラビア印刷に求められるものが異なってきます。

写真の美しさ、色彩のコントラスト、あるいは文字の精度など、表現したいものを忠実に再現するのがプリプレスの過程です。
シリンダーに組み込む情報、いわゆる版下データは、文字・画像など、すべてデジタル処理されます。
その後、印刷の仕上りを想定しながら細かく調整され、色校正として確認できるようにします。

フルデジタル処理で顧客ニーズを実現

最終の印刷物の仕上りを忠実に再現するために、画像処理や写真分解等の製版プロセスはフルデジタル化されています。最新のデジタルフローにより、グラデーションや合成、カラー補正、レタッチなどのデリケートな表現をスピーディーに処理。
文字や画像の難しい表現を可能にしています。
処理した製版データは、印刷機の特性ごとにチャート印刷を使って個別に解析・データ化され、正確な色彩が再現されます。

色校正を実際の印刷に忠実に仕上げることで、効率良くスピードアップが図れるとともに、顧客ニーズにもきめ細かく対応できます。
この段階での製版データの微調整は、品質の高いシリンダーづくりに欠かせません。
カラーマネジメントでの表現が、印刷における再現性につながるからです。

プリプレスで印刷の仕上がりを忠実に再現

軟包装が表現する「商品の顔」はさまざまです。
いちばん身近なのが食料品。お菓子、ラーメン、冷凍食品、産地直送の野菜、肉類の加工品、パンなど、ほとんどの食料品がソフトパッケージで包まれています。
また、肌着や園芸肥料、ペットフード、薬袋、化粧品などにも数多く利用されています。
包まれる商品それぞれによって、グラビア印刷に求められるものが異なってきます。

写真の美しさ、色彩のコントラスト、あるいは文字の精度など、表現したいものを忠実に再現するのがプリプレスの過程です。
シリンダーに組み込む情報、いわゆる版下データは、文字・画像など、すべてデジタル処理されます。
その後、印刷の仕上りを想定しながら細かく調整され、色校正として確認できるようにします。

フルデジタル処理で顧客ニーズを実現

最終の印刷物の仕上りを忠実に再現するために、画像処理や写真分解等の製版プロセスはフルデジタル化されています。最新のデジタルフローにより、グラデーションや合成、カラー補正、レタッチなどのデリケートな表現をスピーディーに処理。
文字や画像の難しい表現を可能にしています。
処理した製版データは、印刷機の特性ごとにチャート印刷を使って個別に解析・データ化され、正確な色彩が再現されます。

色校正を実際の印刷に忠実に仕上げることで、効率良くスピードアップが図れるとともに、顧客ニーズにもきめ細かく対応できます。
この段階での製版データの微調整は、品質の高いシリンダーづくりに欠かせません。
カラーマネジメントでの表現が、印刷における再現性につながるからです。

TECHNIQE

多彩な表現を可能にしたグラビア専門の技術力・応用力と最先端システム
多彩な表現を可能にしたグラビア専門の技術力・応用力と最先端システム
専門会社のノウハウで、製版手法を選択

製版は、グラビア印刷の仕上りを大きく左右する部分です。
プリプレスでのデジタル製版データをどのようにしてシリンダーに組み込むか、その手法は印刷物の表現内容によって適したものが選択されます。
グラビア製版には、彫刻製版とレーザー製版があります。
設備や工程が違うだけでなく、それぞれに得意分野があり、専門会社としてのノウハウでこれらを使い分けながら、より高品質・高精度の製版を行っています。

彫刻製版で写真画像を精細に表現

彫刻製版はシリンダーの版面を直接、ダイヤモンドのスタイラスという針で彫っていく方法で、写真画像などの繊細な色彩表現に向いています。
彫刻は、デジタル製版データからそのまま、マックコンピューターにより行われます。
ダイレクト方式でのレジストコートやエッチングといったケミカル工程も簡略化できるので、製版精度も大幅にアップできます。
彫刻機の進化にともなって、さらに品質安定性の高いデジタルダイレクト彫刻が可能となっています。

レーザー製版で小さな文字もくっきり

商品の説明、製造者表示などの小さな文字や複雑な図形、淡い図柄の再現性に優れているのが、レーザー製版です。
レーザービームで直接、シリンダーに露光する工程をNEW FXレーザーシステムというロボット自動化処理で行っています。
ロボットが、現像・腐食・クロームメッキの各工程へシリンダーを迅速に運搬し、作業をオートメーションで行います。

このインライン処理によって、感光液の変化を極小に抑えることが可能になり、安定した仕上りを保つことができます。
また、コーティング・焼き付け・現像工程をFXシステムで行うことで、ケミカル処理の偏差の極小化も実現しました。
これらにより作業が効率良く行え、また自在なドット形状を実現することによって幅広い印刷用途にも対応しています。

専門会社のノウハウで、製版手法を選択

製版は、グラビア印刷の仕上りを大きく左右する部分です。
プリプレスでのデジタル製版データをどのようにしてシリンダーに組み込むか、その手法は印刷物の表現内容によって適したものが選択されます。
グラビア製版には、彫刻製版とレーザー製版があります。
設備や工程が違うだけでなく、それぞれに得意分野があり、専門会社としてのノウハウでこれらを使い分けながら、より高品質・高精度の製版を行っています。

彫刻製版で写真画像を精細に表現

彫刻製版はシリンダーの版面を直接、ダイヤモンドのスタイラスという針で彫っていく方法で、写真画像などの繊細な色彩表現に向いています。
彫刻は、デジタル製版データからそのまま、マックコンピューターにより行われます。
ダイレクト方式でのレジストコートやエッチングといったケミカル工程も簡略化できるので、製版精度も大幅にアップできます。
彫刻機の進化にともなって、さらに品質安定性の高いデジタルダイレクト彫刻が可能となっています。

レーザー製版で小さな文字もくっきり

商品の説明、製造者表示などの小さな文字や複雑な図形、淡い図柄の再現性に優れているのが、レーザー製版です。
レーザービームで直接、シリンダーに露光する工程をNEW FXレーザーシステムというロボット自動化処理で行っています。
ロボットが、現像・腐食・クロームメッキの各工程へシリンダーを迅速に運搬し、作業をオートメーションで行います。

このインライン処理によって、感光液の変化を極小に抑えることが可能になり、安定した仕上りを保つことができます。
また、コーティング・焼き付け・現像工程をFXシステムで行うことで、ケミカル処理の偏差の極小化も実現しました。
これらにより作業が効率良く行え、また自在なドット形状を実現することによって幅広い印刷用途にも対応しています。

DEVELOPMENT

グラビア印刷の質を高める独自開発の技術とノウハウ
グラビア印刷の質を高める
独自開発の技術とノウハウ
シリンダー加工の質を向上させたNC旋盤

印刷の質は、版の加工精度に左右されます。
グラビアシリンダーの基礎は研摩とメッキであり、どちらも製品の仕上りに深く関わっています。優れたシリンダーをつくるため、業界初の技術であるNC旋盤を自社開発。
コンピュータ制御によるクーラントタイプの切削法により、仕上り精度を大幅に向上させました。
シリンダー加工のクローム剥離から研摩、メッキまでの工程は、NC旋盤、円周複合計測、自動メッキライン、ロボット運搬により作業されます。

自社開発の技術で、業界の課題を解決

グラビア製版の専門会社として歴史を重ねてきた結果、独自開発による技術も多数、生み出してきました。
それは、従来のグラビア印刷の問題点を解決し、高品質に導くものであり、将来的な社会環境の変化にも対応するものです。
独自開発の技術は、製版精度・印刷精度を向上させ、業界のレベルアップにも大きく貢献しています。
これからもカスタムグラビア独自の技術とノウハウで、さまざまな課題を解決していきます。

高性能グラビアを実現したCGスクリーン

レーザー製版のCGスクリーンも独自開発技術のひとつで、高いクォリティーを実現するとともに、表現の多様化や低コスト化にも貢献しています。
交差点のない独特のセル形状は、シャープで高品質な印刷を実現。
仕上りの光沢性が高いうえ、インキの使用量も削減できます。
さらに、水性インキによる印刷にも対応しており、環境面への配慮から有機溶剤が規制されることへの対策ともなります。

幾度にもわたる印刷テストを経て開発されたCGスクリーンは、従来のグラビア印刷の問題点を大幅に改善する画期的な技術となりました。
高品質グラビア版として業界で高い評価を受け、現在では広く活用されています。
このような新しい技術は、顧客満足度を高めるとともに、グラビア印刷の可能性を広げることにもつながっています。

シリンダー加工の質を向上させたNC旋盤

印刷の質は、版の加工精度に左右されます。
グラビアシリンダーの基礎は研摩とメッキであり、どちらも製品の仕上りに深く関わっています。優れたシリンダーをつくるため、業界初の技術であるNC旋盤を自社開発。
コンピュータ制御によるクーラントタイプの切削法により、仕上り精度を大幅に向上させました。
シリンダー加工のクローム剥離から研摩、メッキまでの工程は、NC旋盤、円周複合計測、自動メッキライン、ロボット運搬により作業されます。

自社開発の技術で、業界の課題を解決

グラビア製版の専門会社として歴史を重ねてきた結果、独自開発による技術も多数、生み出してきました。
それは、従来のグラビア印刷の問題点を解決し、高品質に導くものであり、将来的な社会環境の変化にも対応するものです。
独自開発の技術は、製版精度・印刷精度を向上させ、業界のレベルアップにも大きく貢献しています。
これからもカスタムグラビア独自の技術とノウハウで、さまざまな課題を解決していきます。

高性能グラビアを実現したCGスクリーン

レーザー製版のCGスクリーンも独自開発技術のひとつで、高いクォリティーを実現するとともに、表現の多様化や低コスト化にも貢献しています。
交差点のない独特のセル形状は、シャープで高品質な印刷を実現。
仕上りの光沢性が高いうえ、インキの使用量も削減できます。
さらに、水性インキによる印刷にも対応しており、環境面への配慮から有機溶剤が規制されることへの対策ともなります。

幾度にもわたる印刷テストを経て開発されたCGスクリーンは、従来のグラビア印刷の問題点を大幅に改善する画期的な技術となりました。
高品質グラビア版として業界で高い評価を受け、現在では広く活用されています。
このような新しい技術は、顧客満足度を高めるとともに、グラビア印刷の可能性を広げることにもつながっています。

ENVIRONMENT

未来を見据え、いち早く全社的な環境・品質への取組みを実現
未来を見据え、いち早く全社的な
環境・品質への取組みを実現

さまざまな分野で地球環境への取組みが求められてきています。
カスタムグラビアは、いち早くから環境問題と向き合い、対策を施してきました。
例えば、シリンダー加工の際に生じる排水をリサイクル処理するシステムを導入。
さらに、安定した品質のものを提供するため、品質管理にも取り組んでいます。

これらの活動を発展させ、環境保全に配慮した製品づくりを推進する為、一般社団法人日本印刷産業連合会制定の「グリーンプリンティング工場認定制度」の認定を受けました。
企業として活動するには、優れた商品をつくることだけでなく、環境面への取組みも重要であると位置づけています。
それが社会貢献であり、未来への飛躍につながると考えています。

さまざまな分野で地球環境への取組みが求められてきています。
カスタムグラビアは、いち早くから環境問題と向き合い、対策を施してきました。
例えば、シリンダー加工の際に生じる排水をリサイクル処理するシステムを導入。
さらに、安定した品質のものを提供するため、品質管理にも取り組んでいます。

これらの活動を発展させ、環境保全に配慮した製品づくりを推進する為、一般社団法人日本印刷産業連合会制定の「グリーンプリンティング工場認定制度」の認定を受けました。
企業として活動するには、優れた商品をつくることだけでなく、環境面への取組みも重要であると位置づけています。
それが社会貢献であり、未来への飛躍につながると考えています。

更新日:

Copyright© カスタムグラビア , 2020 All Rights Reserved.