* Home 会社概要・沿革 事業所・アクセス 採用情報 スタッフVOICE

個人の智恵と能力を原点に、お客様の視点で考え、創意工夫

包装の最終形を考えてモノづくりを提案

画像1

社会環境の変化は幅広いユーザーニーズをもたらし、企業はそれに応えようと、新たな表現を求め続けます。軟包装の分野も暮らしと密接に関わりあっているからこそ、その時々で新たなグラビア印刷のカタチを求められてきました。表現力はもちろんのこと、素材や印刷手法まで、あらゆるバリエーションを生み出すことが必要とされてきたのです。

画像2

カスタムグラビアが商品とする製版技術は、直接エンドユーザーへ届くものではありませんが、お客様と接する営業担当は、常に最終の包装が身近な暮らしの中にあることを考えてシリンダーづくりの提案を行っています。

高品質の製版を実現することはもちろん、お客様の課題解決も視野に入れながら、常にお客様の視点でモノづくりを考えています。

 

 

各人の創意工夫が、豊かな未来を拓く

画像3

お客様の課題解決に基づくモノづくりの姿勢は、実際のシリンダーづくりを行う製版の現場でも同様です。これまでも、お客様と同じ視点で考えることで、新たな技術や独自の手法を生み出し、顧客満足を高めてきました。そのひとつがNC旋盤によるシリンダー加工であり、レーザー製版に新しい領域を生み出したCGスクリーンです。

これらの独自技術は、これまでのグラビア印刷の問題点を大幅に改善し、業界でも広く活用され、業界全体のレベルアップに大きく貢献しています。問題の解決には創意工夫が大切です。

画像4

ひとりひとりが智恵を使い、発信していくことが、豊かな未来を拓くのです。こうして個人の持つ能力や才能を大切にしていくことが、お客様の満足度につながり、グラビア印刷業界の未来へもつながると信じています。

 

 

 

 

Page Top