* Home 会社概要・沿革 事業所・アクセス 採用情報 スタッフVOICE

繊細な写真画像を美しさ・色彩そのままに再現。

正確なセル形成が生む、高精度・高再現性

シリンダーの版面を直接、ダイヤモンドスタイラスで彫刻する方法が彫刻製版です。版深をパーセント量(網点)に対して比例変化させるため、滑らかなライト部分のインキ転移性が良好で、質感が得られやすくなります。正確なセル形成により製版精度が高く、調子再現が豊かで美しい仕上りを実現。写真もその美しさを損なうことなく、繊細な色彩表現が可能です。

 

画像1 画像2

繊細な画像表現に適した彫刻製版。ラインはコンピュータ管理されている。


フィルムレスなど工程の簡略化で製版の効率もアップ

シリンダーへの彫刻は、デジタル製版データからそのまま、フィルムレスで行われます。ダイレクト方式におけるレジストコートやエッチングなどのケミカル工程も簡略化できるため、製版精度が大幅にアップしました。彫刻機の進化にともなって、さらに品質安定性の高いデジタルダイレクト彫刻が可能となっています。

 

画像3 画像4

プリプレスでデジタル処理された製版データを直接、シリンダーに彫刻。


カラー・グラデーションにも最適な再現性

彫刻製版の技術コンセプトの中に「データ・パーセントとグラビアドットの濃度互換」があります。データにある濃度ステップを活かしたセルを形成することにより、イメージや商品などの繊細なカラー・グラデーションを使った高品位な印刷に、優れた適性があります。

 

画像5 ダイレクトに 画像6

デジタルダイレクト彫刻により、品質安定性がさらに向上。


 

 

 

Page Top