* Home 会社概要・沿革 事業所・アクセス 採用情報 スタッフVOICE

開発者ならではの研摩の使いこなしノウハウ

印刷の仕上りを左右するシリンダー加工精度

優れたグラビアシリンダー版の基本は、その形状の加工精度にあります。 シリンダー加工は印刷の仕上りを大きく左右する大切な作業です。 自社開発した業界初の技術であるNC旋盤を用い、レーザー光とマイクロメーターによる円周複合計測や自動メッキライン、ロボット運搬を組み合わせて自動化と高精度を実現。 夜間無人運転を含め、24時間稼働を可能にしました。

画像1 画像2

自社で開発したNC旋盤による研摩は、業界初の画期的な技術。


NC旋盤がシリンダーの真円度・円筒度を高精度に加工

NC旋盤では、コンピュータ制御と切削刃物の最適化により、高精度な加工が行えます。 これにより、従来の砥石より優れた真円度・円筒度を実現することができました。 日本の工業規格の誤差範囲を上回る±100分の1ミリから±100分の0ミリの精度で加工でき、平滑度の高い表面処理が可能となっています。

 

画像3 画像4

日本の工業規格での誤差範囲は±100分の3ミリまで。

NC旋盤では、それを上回る±100分の1ミリから±100分の0ミリを実現。


高精度のシリンダーが印刷汚れやムラなどの問題を解決

シリンダーの精度は、印刷物の仕上りやロスに大きく影響します。 高精度な真円度・円筒度ではドクターブレードとの密着性が増し、印刷時の汚れやムラが解消。 フィルムや工程のロスを大幅に削減できます。 また高速印刷でも安定性を確保でき、環境問題への対応で増えつつある水性インキでの印刷にも適しています。

画像5 画像6

刃物の材質、回転数、送りスピードなどを微調整しながら加工。


 

 

Page Top