* Home 会社概要・沿革 事業所・アクセス 採用情報 スタッフVOICE

先進のデジタル画像処理が実現した多彩な表現力。

フルデジタルでデリケートな表現を正確に素早く処理

印刷の仕上りに大きく関わってくる画像処理や写真分解等の製版プロセスを専用ワークステーションでフルデジタル加工。グラデーションや合成、カラー補正などの工程において、細やかな表現をスピーディーに処理することが可能です。また、クライアント別の色管理をデータ化することで、リピート対応においてもより正確な表現が行えます。

 

画像1 画像2

フルデジタル加工による色彩管理で、デリケートな表現を素早く処理。


印刷機の特性を個別に解析・データ化して正確な色彩を再現

「色校正で確認した色合いを印刷でそのまま再現する」当たり前のようですが、現場では常に問題となってきました。

インキの種類や印刷機によって、再現性が微妙に異なるからです。そこで特性をチャート印刷によりコンピュータで個別に解析し、データ化。製版データに細かなデジタル処理を施す事で、印刷時の色彩の再現性を正確にしています。

 

画像3 画像4

印刷特性の解析・データ化により、色彩を正確に再現。


インキでの色合わせなしで印刷機の稼働率アップ

高精度な色彩再現性を持つカラーマネジメントでは、問題となっていた色校と印刷仕上りの色彩の差が解消。クライアントとの印刷前の打合せにおいて正確な色彩確認が可能となりました。印刷工程では、従来からのインキによる色合わせの時間も短縮され、印刷機の稼働率もアップ。作業時間の短縮が図れるとともに、印刷立ち会いがスムーズに運びます。

 

画像3 ダイレクトに 画像4

カラーマネージメントシステムで管理されたデータは、製版とダイレクトに連動。


 

 

Page Top